スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊!yahmanism!! vol.20 食中毒の仕組みとは

こんばんは、yahmanのポンコツらじお☆
パーソナリティのやーまんです!

今週のyahmanismのお時間です!

こちらは、ラジオとはまったく関係ない内容をコラム的にyahmanが
ぼそぼそと書いていくコーナーです。

今回は、食中毒の仕組みについて調べてみました!
じめじめした季節だからねっ☆

それでは~、GO!!

いやはや、食べ物がだいぶ腐りやすくなりました。

いきなり何を言い出すんだってね。

さて、食中毒。調べてみると色々と種類があることが分かりました!
1) 細菌性食中毒
2) ウイルス性食中毒
3) 化学性食中毒
4) 自然毒食中毒

の4種類に大別されるそうです。

原因物質を人間が摂取することにより発祥するものがイワユル食中毒、
らしいのですが、何を摂取しちゃったかによって区分が異なるみたいです。

この時期、じとっとしている頃に流行するのは細菌性が多いとの事。
菌が発生しやすくなるって事なのでしょうか?

ノロウイルス、o-157、E型肝炎、など、聞いたことのあるものも
ほとんどが食中毒です。

菌の種類によって、熱に弱い、とか、水に弱い、とか、
予防方法がいろいろあるらしいですね。

細菌による食中毒を予防する三大原則といわれているのは、
1.付けない(清潔)
2.増やさない(迅速、冷却、乾燥)
3.やっつける(加熱など)

の3つだそうです。

少量ならヒトの免疫力でナントカなっちゃう的な?
人間ってすごい。

知っておきたい食中毒の基礎;selfDoctor.net様

調べてみると、色々と出てきます。
夏を過ぎても、年中、何かしら発生しそうですので、
コレを機会に皆さんも調べてみてはいかがでしょうか?

ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。